CASE STUDY

導入事例

2021.10.01 イージージェットJr.

しいたけ廃菌床 堆肥化工場(導入先:しいたけ生産施設 K社 様)

栽培後の廃菌床を全量リサイクル化できたことで、ゼロエミッション&処理コスト削減を実現できた。

場所和歌山県
処理物および処理量しいたけ廃菌床 3t/日
概要栽培後の廃菌床を全量リサイクル化できたことで、ゼロエミッション&処理コスト削減を実現できた。

実施策と効果

施設/設備の拡充による処理量の増加新規に施設建設し、堆肥化事業を開始しました
通気の改善による処理量の増加高圧通気方式を採用し、限られたスペースで効率よく堆肥化することで、一般的な方式より処理量を拡大できました
省力化によるコストダウン切り返し作業等をなくすことで、少ない人数のオペレーションが可能となり、低コストでの処理が実現しました
堆肥品質ア通気の改善による
堆肥品質アップップ
分解しにくい木質系の資材を、高圧通気によって短期間で堆肥化しています。
臭気のない高品質な堆肥化が実現しました
シイタケ生産工場 K社様

K社様は、1日に1,300個の菌床ブロックを生産する能力を持ち、それを培養してシイタケを栽培しています。

これまで、栽培が済んだ後の廃菌床ブロックは廃棄されていましたが、当社の技術を導入することで今後は全量をリサイクルし、高品質な堆肥を供給することが可能となりました。

廃菌床を破砕する

まずシイタケ工場から出た廃菌床ブロックを破砕機で破砕し、フレコンバッグに詰めます。

フレコンバッグを並べる

廃菌床を充てんしたフレコンバッグは、パレット積みにして並べます。

フレコンバッグ1袋にイージージェットJr. を1本ずつ挿しこみます。

しばらくすると発酵が始まり、温度が立ち上がります。

発酵期間中の切り返しは不要で、1週間ごとに挿しこみ位置を変えるだけです。

この方法であれば専用の建物が不要ですから、工場のデッドスペースなどでも設置できます。

増設や移設も可能ですから、規模に合わせた最適な堆肥化プラントの構築が可能です。

なお、導入に先立って、社内試験施設にて事前の堆肥化試験を行い、そのデータを基にプラントのご提案を行いました。