CASE STUDY

導入事例

2021.09.12 付帯設備

生ごみ破袋分別装置

生ゴミを細かく粉砕しながら、異物を選別する装置

処理能力0.4m3/時-16m3/時
電気容量0.4kW-22kW

製品の特徴

生ゴミ堆肥化の際の障害になる異物を事前に除去。

異物除去率99.6%を誇ります。

処理時間が短く、原料投入後は瞬時に粉砕、選別。

生ゴミを事前にカッティングすることで、スムーズな堆肥化を促進。

発酵期間の短縮や悪臭の防止に役立ちます。

画像のように、異物が大量に混入していても、高い精度で除去します。