生ゴミ処理・汚泥処理・畜糞処理 堆肥化設備のプロフェッショナル

株式会社ミライエ

堆肥や木チップ乾燥用の堆積型通気ユニット
バイオ発電燃料の製造などに

製品の特徴

床面に通気管を設け、専用の温風装置で加温・通気しながら堆肥を手間なく乾燥する通気ユニット。
原料の発酵熱と通気制御により、原料を堆積するだけで2-7日間程度で乾燥終了します。
発酵熱を利用することで、燃料を利用した乾燥に比べランニングコストは1/3-1/5に低減できます。

使用例:
木質チップ製造施設
堆肥化施設
造園業
バイオ発電向け燃料製造施設
など

堆積したまま堆肥を乾燥できる堆積型通気ユニット。ブロワと床面に敷設した開孔管、制御系の組み合わせによる通気ユニットです。発酵熱をうまく利用しながら乾燥させるため、ランニングコストが安いことが特徴です。
冬期間など使用条件により、温風を利用して乾燥時間を短縮することも可能です。

機械式の乾燥装置などと異なり、設置コストが低いことが大きな特徴です。乾燥途中の切り返しは不要ですので、作業性に優れます。

ScrollUp