生ゴミ処理・汚泥処理・畜糞処理 堆肥化設備のプロフェッショナル

株式会社ミライエ

多孔質ガラス発泡材に高濃度で菌を定着させる新しい脱臭システム。長期間にわたり基材の交換が不要で、高い脱臭能力を維持します。

製品の特長

従来の7倍の除去能力

多孔質のガラスに高濃度で微生物を定着させるので、除去能力は最大で7倍にアップ。これまで取り切れなかった悪臭の除去が可能です。
また少量の基材で脱臭でき高さも高く積めるため、一般的な微生物脱臭と比較すると、設置面積は1/4~1/8とすることが可能です。

運転費用が安い

 長期間にわたり基材の交換が不要で、また電気代も従来の微生物脱臭に比べ50%程度カットできるため、他の脱臭方式と比べてランニングコストに大きな差がつきます。脱臭設備のコスト削減をお考えの方にお勧めします。

製品の概要

 多孔質ガラス脱臭システムは、ガラス発泡材を利用した悪臭除去装置です。無数の微細な気孔のあるガラス基材にアンモニアや硫化水素などの悪臭ガスを通すと、気孔内に定着した微生物が分解、脱臭します。

運転経費が安いため、短期間で投資回収可能です。

これまで取りきれなかった悪臭を除去したい

多孔質ガラスは、既存の生物脱臭設備(※)の交換基材としてもお使いいただけます。従来の脱臭方式で取りきれない悪臭がある場合など、基材を交換することで悪臭の除去能力を大きく向上させることが可能です。


※バーク脱臭、オガコ脱臭、土壌脱臭といった生物脱臭など。
活性炭やフィルター等の吸着方式との交換ができる場合もあります。

脱臭装置の運転コストを減らしたい

 電気代を安くし、基材交換費をカットすることなどで、従来の微生物脱臭よりも大幅な低コスト化が可能です。

 運転経費を減らした事例の詳細は、以下のリンクをご参照ください。

以下の画像より、詳しい資料をダウンロードいただけます。

従来の7倍の脱臭を誇る多孔質ガラス
ScrollUp