大規模汚泥処理施設 極寒地でも低ランニングコスト・短期間で堆肥化!(導入先:北土開発様)

製糖工場から排出される汚泥を、極寒の北海道でも発酵温度を上昇させ堆肥化。重機作業を極力減らし少ない人員と重機での稼動を実現し、ランニングコストを低減した事例です。

導入した商品
イージージェット堆肥化プラントCモード
納入先・場所
北海道/北土開発様
処理物
汚泥、9,000トン/年(最大)
課題
北海道の極寒地でも、温度を維持して堆肥化を成功させた事例です。

北土開発様の堆肥化概要

北海道は国内の8割以上の砂糖を生産する製糖拠点ですが、砂糖の生成の際に排出される汚泥のリサイクルが課題となっています。
本施設は、1ヶ月に10tを超える燃料のコスト、重油価格の高騰、処理量の増加など、さまざまな課題が出てきたことから、新しい処理施設の建設に踏み切った施設です。

冬はマイナス30℃にもなる極寒の地域ですが、汚泥を効率よく堆肥化。

重機作業を極力減らすことで、少ない人員と重機で稼働し、ランニングコストを低減した施設です。

 

Cモード・イージージェットを導入

本施設では重機による仕込作業ではなく、
・混合装置【Cモード】で機械的に混合
・エアレーションを高圧通気方式【イージージェット】ですること
以上2点を導入して堆肥化することになりました。

 

汚泥の撹拌にCモード

堆肥を発酵させる前処理として、Cモードを導入しました。

Cモードで混合することにより汚泥は均一に混合・粒状化し、間に空気が入ることによりすぐに発酵を始めます。処理時間を短縮、ランニングコストを1/10に抑えました。

 

イージージェットで真冬でも安定して堆肥化が可能

その後はイージージェット槽へ移動させ、強制的に空気を堆肥全体に送り込むことで、切り返しもほとんどなく順調に発酵していきました。

外気温がどんなに低い日でも、イージージェットでスムーズに温度が上がるので、ブロワと組み合わせることで、冬期の北海道でも80度以上の発酵温度を実現。真冬でも滞ることなく確実に28日間で堆肥になります。
大きな負担だった重油代もなくなり、今ではイージージェットの電気代と重機の燃料代のみで、処理コストも大きく下がりました。

ランニングコストを削減した堆肥化施設

その結果、発酵期間の短縮、省力化による大幅なコスト削減、良質な堆肥生産等が可能となり、初期投資と維持管理費の削減に効果の発揮に成功しました。

 

導入した商品のご紹介

イージージェット

堆肥化装置

イージージェット

切り返し不要の堆肥化設備

特殊ノズルが内部まで酸素を供給するから、重機による切り返し不要で手間いらず。冬季の高温発酵を実現し、良質な堆肥生産を可能にします。

堆肥化プラント

堆肥化複合設備

堆肥化プラント

臭気対策と省力化を両立

ミライエの技術とノウハウを結集し、原料や課題に合わせて、最適な堆肥化プラントをご提案。コストや労力を抑えた安定生産を実現します。

Cモード

堆肥用自動混合装置

Cモード

比重の異なる原料も短時間で混合

混合作業を自動化し、省コスト、省エネルギーを実現!あらゆる有機原料に対応し、比重の異なる原料も短時間で均一に処理します。

writer

株式会社 ミライエ

facebook Youtube

堆肥化を中心とした、リサイクル設備のプラントメーカーです。
堆肥化や臭気でお悩みのお客様にトータルなサポートで寄り添い、皆様の生産性向上のための生産システムの強化に努めてまいります。