低コストで悪臭の出ない、生ごみ堆肥化リサイクル施設(導入先:長野県長和町様)

長野県長和町の生ゴミを回収してリサイクルする施設の堆肥化を成功させた事例の紹介です。

導入した商品
堆肥化プラント
納入先・場所
長野県/長野県長和町様
処理物
生ゴミ 1t/日
課題
氷点下地域の自治体で発生する生ゴミを安定して堆肥化させたい。

長野県長和町様の堆肥化概要

長野県にお納めした生ゴミのリサイクル施設の事例です。寒冷地の施設ですが、冬期でも安定稼働しています。
長野県長和町にお納めしたこの施設は、町内の観光牧場の敷地内に建設されており、処理能力250トン/年、週2回の稼働で、町民の出す生ゴミを回収してリサイクルし、良質な堆肥を生産しています。

町内で発生する生ゴミを、リサイクルプラントで堆肥化。ゴミの焼却処理費を削減しました。

実施策と効果

処理時間の短縮による処理量の増加 前処理→発酵工程での設備で、適切な能力の機種選定により処理時間を短縮しています
発酵不全の解消による悪臭の低減 通年で好気発酵維持し、悪臭がほとんど発生しない施設が実現しました
堆肥の袋詰めによる堆肥販路拡大 生産した肥料の一部を袋詰めして、利用先の拡大を図っています
副資材の見直しによるコストダウン 育成牛糞を副資材として利用することで副資材費ゼロを実現。オガコ等購入費(年間300万円)削減しています
原料の粉砕や異物除去装置の
導入による堆肥品質アップ
前処理装置で原料粉砕することで、発酵期間短縮と堆肥品質の向上を実現

 

長野県長和町様の3つのポイント

この施設の特筆すべき点は3つあります。
1.臭気がほとんどないこと。
2.牛糞を副資材として利用していることです。
3.氷点下でも高温発酵が持続
また、通常の堆肥化施設ではオガクズやモミガラなどの副資材を用いますが、この施設では牛糞を利用するため、副資材の購入費も発生しません。
牛糞は、モミガラなどと比べると含水率も高く、普通は副資材として使われることはありませんが、発酵過程でイージージェットを使って強制的に酸素を送り込むことで、高温で発酵し始めます。
出来上がり堆肥の水分はやや高いのですが、臭気が全くない良質な堆肥ができます。堆肥は地元住民に配布し、お使いいただきます。

 

堆肥化フロー

1.生ゴミの改修・搬入

まず週に2回、町内で発生した生ゴミ(家庭ごみと、事業系ごみ)を回収し、搬入します。
ごみ袋は、この施設用に用意された生分解性の袋を使っていただくルールで、袋ごと破砕機で破砕して牛糞と混ぜています。

2.イージージェットで発酵

あとは原料をイージージェット槽の上に載せ、45日で発酵終了です。
この時期、現場の外気温はすでにマイナス5℃ですが、発酵温度は80度を超え、順調に稼働しています。

作業員1名での作業

作業は地元のシルバー人材の方1名が担当されますが、ゴミ計量、破砕、混合、清掃などの作業をすべて行っても、お昼には作業が終了します。

 

動画でご紹介します

この施設の特徴として、

・悪臭の発生がほとんどない
・高圧通気方式で発酵促進するため、オペレーションが簡単。堆肥化ノウハウなくても、運営可能。
・小規模からでも構築可能
と言った点が挙げられます。
特に臭気については、多くの方にご視察いただき、一般的な生ゴミ堆肥化施設との違いを体感していただいています。

まとめ

本施設は、牧場に設置することで住民同意も得やすく、高額なゴミ処理経費を削減できるという点で、
これからの自治体の生ゴミリサイクルの推進に寄与できるものと期待しています。
また、牧場側にとっても、牛糞を副資材に使える、新たな収益源が生まれるといったメリットがあり、さらに住民にとっても、
ゴミ処理の財政負担が減ることで行政サービスの向上が期待でき、加えて良質な堆肥が無償で入手できるなど、3者ともに大きな利益を産み出す取り組みだと考えています。

 

導入した商品のご紹介

堆肥化プラント

堆肥化複合設備

堆肥化プラント

臭気対策と省力化を両立

ミライエの技術とノウハウを結集し、原料や課題に合わせて、最適な堆肥化プラントをご提案。コストや労力を抑えた安定生産を実現します。

writer

株式会社 ミライエ

facebook Youtube

堆肥化を中心とした、リサイクル設備のプラントメーカーです。
堆肥化や臭気でお悩みのお客様にトータルなサポートで寄り添い、皆様の生産性向上のための生産システムの強化に努めてまいります。